足汗 健康

足汗-足裏の健康を考える

足汗は,老廃物もいっしょに排出しています。
足裏からです 汗,人間の体のなかで最も多く汗をかくのが「足汗」なのです。足裏からは 毎日 牛乳びん1本分もの足汗をかくと言われています。
また,足裏には体の各部位や脳に直接つながる自律神経が集中しており、足裏を健康に保つ理由がおわかりでしょう。
足裏からは大量の汗が出るとはいえ,普段は余り意識しません。足湯などは足裏健康にはいいものです。
足湯などにつかると、さらに足裏の代謝が高まるとともに、血行が良くなります。体が温まり、足が軽くなった感じがしてきます。
これは、単に足が温まるというだけでなく、デトックス効果により足裏から汗とともに、体のなかの不純物が外に出てくるのです。
デトックスのメリットは、足裏からの発刊、老廃物の排出で血流が活発になり、そのため基礎代謝が上がることで、下半身の冷え、凝りなどを解消するということ。
さらには、ダイエットしてもなかなか下半身が痩せない、という方にとって、老廃物の蓄積や血行の不良による原因があるとするならばデトックスはそれを一気に解消してくれます。
厳密には、ただ足湯につかるだけでなく、専用の機器を使い、水をマイナスに帯電させてその力で化学物質などを引き寄せて排出する、という仕組みです。デトックスにより、足裏からは有害ミネラルだけが外に出て、カルシウムなど体に必要なミネラルはほとんど減少しません。
足裏に対する健康法として「足裏デトックス」「足湯デトックス」「フットスパ」など様々な呼び名があります。

足汗 健康

足汗 臭いを減らす食生活

足の臭いの原因はワキガの原因とは違います。
足汗に限らず、脂分の多い食事は脂質の分泌量が増え汗をかく原因になるので控えめにすると汗の量を減らす効果があります。
その体全体の中でも、特に足の裏と手のひらに多いそうです。
食生活を改善し、適度な運動を心がけましょう。
肉などの脂質の多い食生活を続けていると、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり、体臭が強くなってしまいます。野菜をたっぷり食べ、バランスのよい食生活を送るよう心がけましょう。
靴のシートを替えても、靴下を防臭・抗菌にしても汗の出る量は変わりません。湿度・温度環境は相も変わらず水虫にとって最適な環境なのです。
 脳という器官は非常に熱に弱く、体温が上昇しすぎると深いダメージを負ってしまいます。
 冷房のきいた部屋で、汗をかかない生活に慣れてしまうと、汗腺(汗を出す器官)の働きが低下します。そこでひとたび暑いところに出ると、どっと大量の汗をかくようになります。
 これは、酢に含まれているクエン酸が、温まって開いている汗腺から吸収されて、においの原因となる乳酸の生成を防ぐためです。酢には、汗のにおいのもととなる雑菌の繁殖を防ぐ働きもあるので、一石二鳥です。汗のにおいをおさえるためには、酢は飲むよりも入浴剤として使ったほうが効果的、ということを覚えておいてください。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。