足汗 多汗症

足汗 多汗症による臭い

足汗の主成分の一つ アポクリン腺の成分は、中性脂肪・脂肪酸・アンモニア・鉄分・蛍光物質など、臭いの元となる物質が分泌されています。対して、エクリン腺から出る汗は99%が水分で残り1%は塩分になります。

足汗ワキガとの違いはここにあります。

ワキガとは、臭いの元となる成分を分泌するアポクリン腺が多い人のことをいいます。

例えば、ヒールの高い靴を履いていたり、サイズが合っていない靴を履いていると足が緊張している状態になります。
高脂血症などの生活習慣病の人は、血中だけでなく皮脂腺にも汗腺が増え、ノネナールを増やす原因になっています。
 体臭のおもな原因は、皮脂腺や汗腺から出される油脂成分やそこに溶け込んだにおい物質です。

靴のシートを替えても、靴下を防臭・抗菌にしても汗の出る量は変わりません。湿度・温度環境は相も変わらず水虫にとって最適な環境なのです。
地球上にはさまざまな動物が存在していますが、人間のように大量に汗をかく動物はほかに例を見ません。これはなぜでしょうか。
 このときの汗は、汗をかき慣れている人に比べて、汗の材料である血液の成分がより濃く含まれています。血液の成分には、尿素、アンモニアなど、においを発するものも少なくありません。

足の臭いを防ぐ方法の一つが酢酸です。
 この後、ぬるめの湯船にコップ一杯の酢を入れて半身浴をすると、汗のにおいを防ぐ効果がさらに高まります。
足掌多汗症は足の裏に汗を多くかきます。手掌多汗症と同様に発汗量にはレベルがあり軽度から重度まで個人差がかなりあるようですが、軽度で足の裏が常に湿っている状態、重度の場合は靴下がビショビショになるほど汗をかくようです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。