足裏 臭い

足汗-足裏の臭い

足汗の中のアポクリン腺の成分は、中性脂肪・脂肪酸・アンモニア・鉄分・蛍光物質など、臭いの元となる物質が分泌されています。対して、エクリン腺から出る汗は99%が水分で残り1%は塩分になります。
ワキガとは、臭いの元となる成分を分泌するアポクリン腺が多い人のことをいいます。
すると雑菌が繁殖しやすい状況になるので足の臭いの原因になってしまいます。
食生活を改善し、適度な運動を心がけましょう。
ストレスは、体内に活性酸素を発生させやすいといわれ、過酸化脂質をつくり、ノネナールというにおい物質を発生させる原因になるのです。上手に気分転換をしたり、深呼吸をして緊張を和らげるようにしましょう。
靴のシートを替えても、靴下を防臭・抗菌にしても汗の出る量は変わりません。湿度・温度環境は相も変わらず水虫にとって最適な環境なのです。
 しかし、最近はどこも冷房で屋内が冷えており、夏でも汗をかく機会がへっています。
 まずお勧めしたいのが、汗腺の働きを高める入浴法です。人間の汗腺は、手足に多く分布しています。この手足の汗腺を鍛えれば、におわない良質の汗がかけるようになります。
 この後、ぬるめの湯船にコップ一杯の酢を入れて半身浴をすると、汗のにおいを防ぐ効果がさらに高まります。
汗の量が少なくなる
事実緊張状態に無くても自動的に発汗してしまう場合や温度、湿度によって発汗してしまうことは私自身経験がありますので、確かに根本的解決にはならないかもしれません。

足裏 臭い

足汗とワキガの違い

人の汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」と呼ばれる汗を出す穴があります。アポクリン腺は、ワキの下、乳輪、陰部、など身体の決まったところにしかありません。
ワキガとは、臭いの元となる成分を分泌するアポクリン腺が多い人のことをいいます。
するとアポクリン腺から汗が出てきますが、このアポクリン腺エクリン腺から出てくる汗が蒸発出来ない状態になっていると、雑菌を繁殖させてしまいます。

においのもととなるべたべたした汗は、健康的な生活習慣と清潔を心がけることでにおいのないさらさらの汗になるのです。原因別の対策を紹介します。
足の臭い水虫の関係でも少し触れましたが足掌多汗症の場合水虫になりやすい環境であり、なおかつ治り難く、治療も困難です。想像してみればわかると思いますが日中の行動時には常に足の裏は湿った状態だからです。
 脳という器官は非常に熱に弱く、体温が上昇しすぎると深いダメージを負ってしまいます。
 では、においの少ないサラサラの汗をかくためには、どうしたらいいのでしようか。
夏本番前に実行しておくと、汗の質が改善して、においがてきめんにおさえられるはずです。

それが何処に出るかは予測できない為、足の裏や脇の発汗が増え、逆に悩みが増加する可能性も有るということです。医師との相談や自問自答もあるでしょうし、積極的に行われている手術ではないようです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。